リクルート

02

2016年4月入社

窓口スタッフ

木下 大規

Kinoshita Taiki

message

接客の仕事がしたくて入社

私は、もともと販売の仕事がしたくて、この会社を選びました。実際にお客様を相手に仕事をしてみると、思っていた接客とまったく違うことに驚きました。特に、接客中の事務手続きの時間が本当に長くて、朝から夕方までかかったことも何度かあります。また、覚えることも盛りだくさん。プランが変わったり、新しく増えたりすることもあるので、正直大変です。でも、お客様からお褒めの言葉をいただいたときは、苦労が報われる思いがします。

入社当時は不安なことも

誰でも最初は未経験者。学生時代に接客のバイト経験はありましたが、ミスができないという緊張感はバイト時代とは比べ物になりません。とくに最初のうちは、不安がつきもので、接客していても間違っていないか、といった思いが態度に出てしまうこともありました。でも、受付を繰り返していくうちに、次第に頭に手続きの内容が入っていき、お客様にも自信を持ってご説明できるようになりました。

お客様には笑顔でお帰りいただきたい

入社して、色々なプランを知って、実際に自分の料金プランが安くなったのは驚きでした。と同時に、お客様に正しく情報を伝え、適切なプランをお選びいただくことの大切さを実感できました。ご来店いただいたお客様には、できるだけ笑顔で満足してお帰りいただきたくて、どうすればプランやサービス内容をスムーズにご理解いただけるか、日々試行錯誤を続けています。

to everyone who is a student

就活生の皆さんへ

今の社会では「携帯」は当たり前に一人1台持っているものなので、その身近なものを販売させていただくのは非常にやりがいがあります。仕事の中でお客様に喜んでいただいたり、他のスタッフと一緒に一つの目標に向かって仕事をしたりするのはとても楽しいです。人と接するのが好きな方は、ぜひクラップスへ!

リクルート